さくらのレンタルサーバとエックスサーバーを比べてみる

当記事が参考になったらシェアお願いします。

こんにちは。

とあるです。

以前のエントリーで、レンタルサーバーに求めてる機能を私なりに洗い出してみました。

レンタルサーバーに求めるものを洗い出してみる
こんにちは。とあるです。サーバーの移行を考えています。と言うエントリーを以前書きました。当時は続けら...

洗い出しの結果、さくらのレンタルサーバとエックスサーバーの2つまで絞りこんだので、今回はこの2社を比較してみようと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

さくらのレンタルサーバについて

さくらのレンタルサーバは、SAKURA Internet社が運営・管理しているレンタルサーバーです。

一般ユーザ向けと、ビジネス向けがありますが、今回検討しているのは当然ながら一般ユーザ向けとなります。

一般ユーザ向けの料金プランは 3プランあり、それぞれ以下の特徴があります。

ライト

  • 金額:129円
  • 容量:10GB

金額は安いですが、このプランは WordPressを利用する事が出来ません。

お試しで利用する程度のプランだと思います。

スタンダード

  • 金額:515円
  • 容量:100GB
  • MySQL:20個

このプランから WordPressを利用する事が出来ます。

月額 515円ですが、年間払いにすれば 5,142円になり少しお得です。

私が契約する場合は、このプランで考えています。

また、MySQLが 20個まで利用できるため、慣れてきたら複数サイト作成も可能です。

プレミアム

  • 金額:1,543円
  • 容量:200GB
  • MySQL:100個

スタンダードプランの強化版です。

こちらも年間払いにした場合、15,428円となります。

初期費用はいずれも 1,029円です。

各プラン共通の機能として、データのバックアップもついています。

バックアップについては、RAID1(ミラーリング)を採用しています。

また、速度の速さと稼働率についてですが、稼働率は 99.99%以上を公表しています。

速度に関しては、リソースブーストという機能を採用しています。

トラフィック転送量や同時アクセス数のリソース制限値を一定期間緩和する機能で、突発的なアクセス数増加時に有効にすることでリソース不足を回避できます。

スタンダードプランの場合は 80GB/日、プレミアムプランの場合は 120GB/日になります。

ただし、コントロールパネルから有効に切り替える必要があり、有効後 2日後の 24時までのリミットがあります。また、1度利用すると次に利用するまで 14日間を空けなければなりません。

コスパはかなり良いと思います。

ある程度のセッション数、および PV数を見込めるサイトになった場合は物足りないかもしれません。

エックスサーバーについて

エックスサーバーは、エックスサーバー社が運営・管理しているレンタルサーバーです。

料金プランは 3プランのみで以下の特徴があります。

X10プラン

  • 金額:1,000円(12ヶ月)
  • 容量:200GB
  • MySQL:50個

私が契約する場合はこのプランになります。

すべてにおいてさくらのレンタルサーバを超えてきています。

さくらのレンタルサーバ プレミアムプランと比較するならこちらの方がよいと思います。

MySQLの数は少ないですが、そんなにサイト作りませんし。

X20プラン

  • 金額:2,000円(12ヶ月)
  • 容量:300GB
  • MySQL:70個

容量とMySQL数が増えています。

複数サイトを作成する人向けですね。

X30プラン

  • 金額:4,000円(12ヶ月)
  • 容量:400GB
  • MySQL:70個

容量が増えています。

動画を頻繁に使うサイトとかじゃないとこのレベルは必要ない気がしますがどうでしょう?

あまり需要がないプランな気がします。

初期費用はいずれも 3,000円です。

各プラン共通の機能として、WordPressの利用とデータのバックアップ機能があります。

バックアップについては、RAID1(ミラーリング)を採用しています。

速度の速さと稼働率についてですが、稼働率は 99.99%以上を公表しています。

速度に関しては、バックボーンの速度が 232Gbpsとのことです。

利用率 50%を目安にしているとのことですが、いずれにせよさくらのレンタルサーバよりも高機能であることは間違いまりません。

また、1月までドメイン代が無料になります。

この期間に契約した場合は更新料も無料になるため、更なる悩みを生んでいます。

さくらのレンタルサーバと比較して値段は高いですが、不意なセッション、PV数の増加にも何の問題もなく対応できると思います。

まとめ

稼いでるブロガーの方は大半がエックスサーバーを利用しているようです。

やはりそれだけセッション数や PV数が多いということでしょう。

かくいう私はと言うと・・・

まぁ、そんなわけでさくらのレンタルサーバにしようとしています。

さくらのレンタルサーバーとエックスサーバーを比較すると、エックスサーバーの方が 2倍程度の維持費となります。

契約年は初期費用がかかるので、さくらの方はドメイン代含めて 7,451円かかる予定です。

かくいうエックスサーバーの方は 16,200円です。2年後以降はさくらは 6,422円、エックスサーバーは 12,960円です。

エックスサーバーの利点は上でも挙げたとおり、回線の太さです。

それだけの同時アクセスが見込めるということになりますが、現状それだけの同時アクセス数を得る見込みが全く見えないので、少し先が見えるようになったら考えていきたいと思います。

まぁ、体験期間中に使いにくいと感じたらエックスサーバーに変えるかもしれませんけどね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

当記事が参考になったらシェアお願いします。

フォローする