LINEモバイルの「10分電話かけ放題」に申し込むか「いつでも電話」アプリのみを使うのか。

当記事が参考になったらシェアお願いします。

こんにちは。とある(@toaru_10R)です。

ついに私が利用している格安SIMのLINEモバイルで、かけ放題が始まりました。

いくらLINEが無料とはいえ、お店に予約の電話をする時などにはどうしても通常の電話を利用しないといけなかったので、少しでも通話料金を安くするためには楽天でんわやG Callなどアプリを利用するしかありませんでした。

しかし、今回の「10分電話かけ放題」と、あわせて登場した「いつでも電話」の登場でその必要はなくなりました。

今回は、「10分電話かけ放題」と「いつでも電話」の詳細をまとめつつ、10分電話かけ放題のオプションに申し込んだ方がいいのか?についてまとめていきます。

ちなみに私の結論は、「10分電話かけ放題」には申し込みはせず「いつでも電話」アプリのみを利用することにしました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「10分電話かけ放題」とは?

月額880円で月に何度でも10分までの通話料金が無料になるオプションで、音声通話SIMプランを契約している人のみ申し込み・利用ができます。

10分を越えた場合は別途料金が発生してしまいますが、それでも30秒10円なのでお得には変わりないです。通常は30秒20円なので50%オフですね。

なお、このプランを利用するには、LINEモバイルのマイページからオプションの申し込みが必要になります。

さらに、通話(発信)の際に、後述する「いつでも電話」アプリを利用するか、発信先の電話番号の先頭に「0035-45」をつける必要があります。これをやらないと通常の通話(30秒20円)になってしまうので、注意してください。

デメリットは?

個人的にデメリットだと感じたのは、緊急通報(110番、118番、119番)やフリーダイヤル、ナビダイヤル(0xx0)などには発信できないこと。くらいだと思いました。

通常の通話アプリを「いつでも電話」アプリに置き換えるだけで利用できるので、その辺はデメリットと言うほどではないかな、と思いました。

「いつでも電話」とは?

「いつでも電話」アプリを利用すれば、通常の電話が無条件で30秒10円になります。上でも書きましたが通常通話は30秒20円なので、LINEモバイルの音声通話SIMを利用している人は、「10分電話かけ放題」に申し込みをしない人でも必須のアプリになりますね。

また、「10分電話かけ放題」はオプション扱いのため、利用するには申し込みが必須でしたが、「いつでも電話」はただのアプリなので、申し込みは不要。スマホにインストールして、電話を掛ける時に使えば自動で30秒10円で通話ができます。

月額料金はかからないので、今までと同様に使った分だけ通話料がかかることになります。今までの半額ですけどね。

まだ、iPhone版のアプリがないのでインストール出来ていませんが、電話帳に登録されている情報を自動的に反映してくれるようなので、今までの通話アプリと同じような使用感になると思います。

通話アプリと入れ替えるだけで通話料が半額になるので、インストールしない理由がないですよね。

得する毎月の通話時間

毎月44分以上通常の通話を利用する人は「10分電話かけ放題」の申し込みをしましょう。逆に44分も通話をしない人は、申し込むと損してしまうことになるので、「いつでも電話」アプリのみを利用するようにしましょう。

私はほとんど通話をしないですし、お店の予約電話や家電などのサポートに年に数回電話をするかしないかくらいの頻度で、ほとんどをLINEで済ませてしまっているので、「10分電話かけ放題」は見送りました。月の通話時間0分の方が多いですからね、申し込みしたら大損です。

待望のかけ放題

LINEモバイルに待ちに待ったかけ放題が始まりました。

データ通信面では、他社に比べ多少値段が高いものの、コミュニケーションフリープランや通信速度で非常に満足度の高い格安SIMです。

他社に後れをとったもののかけ放題も開始され、現状では最強クラスの格安SIMだと思います。

SNSをよく使う人はもちろんのこと、そうじゃない人にもおすすめできるクオリティの格安SIMだと思うので、ぜひ使ってみてください。

公式LINEモバイル

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

当記事が参考になったらシェアお願いします。

フォローする