私が眠れない時にやった対処法6選

当記事が参考になったらシェアお願いします。

こんにちは。とある(@toaru_10R)です。

夜しっかりと眠れていますか?

現代人は人間関係や仕事のストレスなどにより夜眠れない人が多いそうです。

実際に夜0時以降にtwitterなどのSNSを眺めてみると、「寝れない」と言うつぶやきをよく見ます。

実は私も眠れなくなってしまった事があり、0時過ぎに横になっても3時・・・5時・・・気づけば外が明るく・・・なんてこともありました。当時は仕事のストレスで眠れなくなってしまいましたが、元凶の1つが解消されたことにより今はだいぶ良くなりました。

しかし、眠れなかった期間が長かったせいでしばらくの間生活リズムが狂ってしまったため、生活リズムを戻すために私がやった事をご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ゆっくりと湯船に浸かる

1人暮らしの場合はシャワー生活になりがちですが、寝つきが悪い方は湯船に浸かってみましょう。ゆっくり湯船に浸かる事で体の芯から温まりリラックスできます。さらに効果を高めるために入浴剤を入れてみても良いと思います。

私の場合は末端冷え性なので、湯船に浸かるだけでもだいぶ違いを感じることが出来ました。

それからと言うもの近所の温泉など、場合によっては関東近郊の温泉地へ行くようになりました。趣味とは言えないかもしれませんが、新しい楽しみを見つけられたのは良かったと思います。

スマホやパソコンをいじらない

「ブルーライトが~」「脳への刺激が~」とこの手の記事には良く書いてありますが、これ体感できるくらい影響があると思っています。

なんとなく眠くなってきたときにスマホをいじってしまうと、せっかく寝れそうな状態だったのに全く眠たくなくなる事もあるので、寝ようと思ったらスマホを見るのはやめましょう。

理想は、シャワー後はスマホやテレビなどの映像を見る事はやめましょう。

「寝れない」ってtwitterでつぶやいている場合ではないです。

つまらない本を読む

ここで重要なのは「つまらない」という部分です。私はラノベをよく読みますが、基本的に気に入った物しか読まないので、先がどんどん気になってしまいます。すると、もう1章もう1章と、気づけば夜が明けて・・・。

となってしまわないよう、つまらない本を1冊買ってみるのが良いと思います。なんなら資格試験の勉強などをやってみても良いかも知れません。

運動をする

ここまでやっても眠れない場合は肉体的に疲れましょう。ただし、後に残るほどの激しい運動は止めましょう。逆に筋肉に違和感を感じて眠れなくなってしまう事があります。

私の場合はダイエットを兼ねて3km程の軽いジョギングと腹筋などの筋トレをしています。程よく汗をかくことでストレス解消にもなるのでおすすめです。

運動を始めてから肉体だけでなく精神的にも強くなった気がします。

寝ない!

対策と言うかもはや精神論で私は大嫌いな部類なのですが、寝ない!と言うのは最終的に朝になっても寝れず、変な時間に寝てしまう事が多かった(20時頃に寝落ちして0時過ぎに起きるなど)ので、体調不良で午後出社や年休を取得するという生活になってしまっていました。

寝れないなら寝ずに出社し、帰宅後はパソコンをしたり面白い本を読み可能な限り眠れなくなるような事をして過ごします。確実に体には負担がかかっていると思いますが、ずっと眠れないのもそれはそれで体に負担がかかっていると思うので、それなら一時的に負担になるのは構わないと思いました。

私の場合は1~2日くらいで23時くらいに眠くなるタイミングがやってきたので、そのタイミングを逃さずに寝る準備を整えておくことが大切です。

ただし次の日に重要な会議などがある場合は素直に次の手段を使いましょう。この手段はあくまで次の日が暇な場合に限りますよ!

ドリエルを飲む

どうしても眠れない時は『ドリエル』と言う薬を飲みました。

第二類医薬品指定の薬のため、使用するには薬剤師さんから説明を聞く必要があります。

説明書には1回2錠と記載されていますが、私は2錠だと朝起きるのが大変なくらいに効いてしまったので1回1錠で飲んでいます。飲みすぎだけには注意してくださいね。

まとめ

眠れないことにより全てが悪循環に陥ってしまう事があります。

仕事中眠くなることによりパフォーマンスが落ちますし、査定にも響いてきますし、最終的には給料、進退にも関わってくるかもしれません。生活に関わってくる前に何とかしていきたいですね。

薬に頼るのも悪い事だとは思いませんが、可能な限り健康的に眠れるようになりたいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

当記事が参考になったらシェアお願いします。

フォローする