[comuptex 2016] 今年もasusから新型ディスプレイが展示されました

当記事が参考になったらシェアお願いします。

こんにちは。とある(@toaru_10R)です。

2015年のCOMPUTEXから早1年。

ASUSのPG279QPG27AQが初展示され、この1年間で私が欲しいと思うディスプレイの1位2位に君臨し続けているわけですが、今年のCOMPUTEXでも魅力的なディスプレイがASUSブースで展示されました!!

今回はその中から3種類のディスプレイをご紹介します!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

144Hzの4Kディスプレイ!PG27AQの後継か?

これは出るだろうと思っていました。

27型の4Kディスプレイで、144Hzの高リフレッシュモデルです。

ROGシリーズらしいので、ほぼ間違いなくPG27AQの後継機だと思いますが、IPS液晶なのか?G-SYNCに対応しているのか?など現時点で性能は不明です。

PG279QやPG27AQと同じような流れで製品化までされるのなら、9月頃に型番とともに製品化の発表があり、12月~2017年3月頃に発表されるかな?と思います。

噂によるとGTX 1080Tiがその位の時期に出るらしいので、それと同時に発売されるのではないかと思っています。4K解像度で144Hzで動かすとなると、画質にもよりますが相当性能の良いグラフィックボードを積まなければならないので。

ただ、せっかくの4Kならせめて30型以上は欲しかったなぁと思いますね。

27型フレームレスの4K、IPS液晶ディスプレイ「Designo MX27UC」

続いて、フレームレスの4Kディスプレイです。

以前別の記事で書きましたが、最近の傾向としてフレームレス化が挙げられます。

某市場調査の結果、パソコンの販売台数は年々減少していますが、ディスプレイの販売台数は年々増加しています。一人で複数台のディスプレイを所持していることの表れだと思います。

MX27UCはそう言う需要をうまく掬っている製品だと思います。

sRGBカバー率100%で、DisplayPort、HDMI、USB3.1 Type-Cケーブルが利用でき、USB Power Deliveryをサポートしています。スピーカーも内臓しているので、これ1台あればゲーマー以外の人は困ることがないと思います。

個人的に気になる点を挙げるとすれば、27型の4Kで小さいことと、VESA規格非対応そうなところです。

2016年第3四半期に発売予定とのことなので、詳細が発表され次第記事にしたいと思います。

32型の5Kディスプレイ!ついに5Kが登場!

ついに5Kディスプレイの登場です。

解像度は「5,120 x 2,880」で、4Kディスプレイが「3,840,x,2,160」なので約1.3倍と言ったところでしょうか。

プログラフィッカー向けのASUS ProArtシリーズで、Rec.709カバー率100%、Adobb RGBカバー率99.5%、DCI-Pカバー率95%となっています。

ハードフェアキャリブレーションに対応し、ディスプレイ本体にプロファイル保存が可能になっているため、パソコンを起動することなくプロファイルの切り替えが出来ます。映像出力はDisplayPort1.3とHDMI2.0に対応しています。

発売は2016年第4四半期を予定しています。価格は未定です。※高そうですね・・・。

最新ディスプレイまとめ

今年も魅力的なディスプレイが展示されたわけですが、一番欲しいのはPG27AQの後継っぽい144Hz4Kディスプレイでしょうか。

秋葉原のTSUKUMOでPG279QとPG27AQの展示がしてあり、両方衝動買いしてしまいそうでしたが、今買うならPG279Qを購入してPG27AQはこのディスプレイが商品化する時のために買い控えても良いと思っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

当記事が参考になったらシェアお願いします。

フォローする