ソニーの超短焦点プロジェクター『LSPX-P1』がお洒落かっこいい

当記事が参考になったらシェアお願いします。

こんにちは。とある(@toaru_10R)です。

2016年2月13日。ソニーからお洒落かっこいいプロジェクターが発売されました!

その名も『LSPX-P1』!!

ソニーのLife Space UXというプロジェクトから生まれた製品で、「今ある空間を活用してさまざまなユーザ体験を実現する」をコンセプトとしています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

壁際に置いても使える省スペース設計!

「今ある空間を活用してさまざまなユーザ体験を実現できる」というコンセプトの通り、幅81mm、高さ奥行きともに131mmと超省スペース設計です。

壁際においても22インチの画面サイズになり、壁から28cm離せば最大80インチの大画面になります。

従来のプロジェクターの場合、プロジェクターと投影先の壁まで距離がありました。距離があると言う事はその間に入ってしまう可能性も高く、自分の影によって映像が崩れてしまいます。

しかし、LSPX-P1なら超短焦点レンズによって壁際に置いても大画面出力できるので、プロジェクターと投影先の間に入ってしまうこともないため、自分の影によって映像が崩れてしまう事はありません。

また、投影方向を変えることによって壁だけでなく床やテーブルなどにも投影する事ができるので、色々な使い方を見出す事が出来る製品となっています。

大画面のテレビにもなる!

y_LSPX-P1_wirelesshdmi

LSPX-P1は同梱のワイヤレスユニットをブルーレイレコーダーやパソコンなどとHDMIケーブルで繋ぐ事によって、ワイヤレス接続で映像を出力する事ができます。

使うにはスマートフォンと専用のアプリケーションが必要になりますが、例えばリビングのTVなどとワイヤレスユニットを繋ぎ、キッチンで本体を使用してTV番組を見る事も可能です。

ただし、画素数が低い(1366 x 768)のが少し気になるところです。せめてFullHD程度の画素数が欲しかったです。

まとめ

壁際に置いても大画面で利用できるのがよいですね。

デメリットとしては、TVよりも寿命が短いと言う事(5年以上はもつとのこと)と、画素数が低い事くらいでしょうか?まぁ実際に使ってみたらどちらもあまり気にならないかもしれませんが・・・

映画鑑賞が趣味の人には特に、部屋をお洒落に彩りたいと言う人にもうってつけのプロジェクターです!さすがSONY!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

当記事が参考になったらシェアお願いします。

フォローする