トラブルの末、なんとかwindows10へアップグレードしたその方法

当記事が参考になったらシェアお願いします。

こんにちは。とある(@toaru_10R)です。

この度、私のメインPCのwindows7をwindows10にアップグレードしました!!

メインPCではゲームやアニメ視聴を中心に、ショッピングや資産管理、極稀に仕事など色々な事をやっているので、2020年にwindows7のサポートが切れるまで使い倒してパソコンを新調しようと思っていたのですが、2016年7月29日までのアップグレード無償期間に一度でもアップグレードしてライセンス認証しておけば、無償期間を過ぎても無償でアップグレードできるそうです。

と言うことで、使っているソフトやハード(のドライバ)を調べてみたところ、ほぼ全ての物がwindows10に対応していたため、windows10にアップグレードしてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アップグレードの方法は2通り存在する!

windows updateを使ってアップグレードする方法

私はwindows updateを手動で選択していたので、「KB3035583」「KB2952664」の2つを削除し除外設定にしていたため、ポップアップは全く表示されなかったのですが、twitterなどを見ていると寝て起きたらアップグレードされていた・・・。なんていう人も居たようですね?ホントかよ?と思いましたが。

で、この方法でアップグレードする場合は基本的画面の流れに沿ってポチポチしていけばwindows10にアップグレードされます。特にこだわりがなく、とりあえずアップグレード出来れば良い人はこの方法でアップグレードすればOKです。

メディア作成ツールを使ってアップグレードする方法

私はクリーンインストールも視野に入れ、メディアを作成した後にアップグレードしたため、本記事ではメディア作成ツールを使ったアップグレード方法をご紹介していきます。

まず、microsoftのホームページからメディア作成ツールをダウンロードします。

windows10_MediaCreationTool_download

ダウンロードが完了したらメディア作成ツールを起動します。規約等が表示されるので内容を確認し、問題なければ同意して先に進んでください。

しばらく先に進むと以下の画面が表示されるので、「他のPC用にインストールメディアを作る」を選択し、「次へ」をクリックします。

windows10_MediaCreateTool_MediaCreate

続いて言語、アーキテクチャ、エディションを選びますが、特別な事をしない限り下のキャプチャの通り「このPCにおすすめのオプションを使う」にチェック(デフォルトで入っているはず)を入れれば勝手に選択されますので「次へ」をクリックします。

windows10_MediaCreationTool_edition_select

最後にメディアの保存先を選択します。私はアップグレードだけでなくクリーンインストールを実施したので、以下の指定にしてUSBフラッシュドライブを作成しました。まぁここは好みで選んでOKです。決めたら「次へ」をクリックすると保存場所を聞かれるので保存場所を選択し、保存してください。

windows10_MediaCreationTool_media_select

これでアップグレードとクリーンインストールをするためのメディアの準備が整いました。あとは作成したメディアを起動してアップグレードしていきます。

なおアップグレードをする際、「更新を確認するか?」を聞かれますが、私の環境だととても時間がかかったため、アップグレードはほとんど寝ている間に済ませました。とりあえずライセンス認証をしたいだけだったり、最終的にクリーンインストールする予定であれば更新はしなくても良いと思います。

問題発生!?ネットワークに繋がらなくなった!!

さて、アップグレード自体はとても簡単でしたが、windows10になってからまったくインターネットに繋がらなくなってしまったため、ライセンス認証が出来ません!!

しょうがないので「設定」>「更新とセキュリティ」>「回復」にある「windows○○に戻す」の項目にある「開始する」をクリックし、windows7に戻しました。その後は無事インターネットが出来るようになったため、解決策を探したりし、以下の事を試してみました。

  • ネットワークドライバの削除・更新・設定変更
  • BIOSの更新
  • ルーターのファームウェアアップデート

が、結果繋がらず。

最終的にwindows10をクリーンインストールする予定だったため、1回試しにwindows10をクリーンインストールして、それでもネットワークに繋がらなければ2020年までwindows7を使い倒そうと言うことでwindows10をクリーンインストールしてみました。その結果・・・。

繋がった!?

結局原因はわかりませんでしたが、何らかのソフト(avast!とcomodoが怪しいか?)の問題だろう。と言うことにし、認証を通すために以下の手順を実施しました。

  1. windows7をクリーンインストール
  2. windows7でラインセンス認証を通す
  3. windows10にアップグレード
  4. windows10で認証状態を確認
  5. windows10をクリーンインストール

これで、アップグレードの無償期間終了後も無償でwindows10を再インストールする事ができるようになりました。

念のためライセンス認証の確認をする

さて、windows7をクリーンインストール後、ラインセンス認証をして早々にwindows10へアップグレードしましたが特に何も起こらず、無事にネットワーク接続ができました。

ここで念のためライセンス認証の確認をしておきます。

スタートボタンを右クリックすると以下のメニューが出てくるので、コントロールパネルを選択してください。

windows10_windowsmenu_right_click

後は今までのwindowsと同様、「システム」から認証状況の確認をしましょう。

私はこの後windows10をクリーンインストールし現在に至ります。クリーンインストールの方法は他のOS同様、パソコンの起動時にメディアブートすればクリーンインストールできるようになります。

まとめ

windows10にしてかれこれ2週間ほど経ちますが、何の不具合も出ていません。アップグレードではなくクリーンインストールしたのも良かったと思います。アップグレードだと何かと不具合起きやすいですからね。問題ないならクリーンインストールをオススメしておきます。

さて、使用感ですが、スタートボタンを押したときのメニューで、キーボードの左右のみでシャットダウンが選べないことと、上下だけでよく使うソフトウェアを固定しておけないのが少し使いにくいと感じますが、それ以外はおおむね良好です。

キーボードではなくマウスを多用する人やタブレット、2in1端末を使っている人にとっては使いやすいOSになっていると思います。

シャットダウンは「Alt+F4」で良いけど、よく使うソフトの固定は上下キーだけで出来るようにもしてくれないかなぁ?と思いますので、Microsoftさん、ぜひどこかの大型アップデートで対応のほどよろしくお願いしますネ。

なお、Amazonで新規購入を検討している方は、海賊版らしきものが出回っているようなので、Microsoft Storeを初め、TSUKUMOドスパラなどで購入することをおすすめします。

HOME版だと設定出来ない項目もありますので、購入を検討している方は64bit版のProfessionalをおすすめします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

当記事が参考になったらシェアお願いします。

フォローする