Xperia X Performance が日本での発売決定!発表された性能をまとめてみた

当記事が参考になったらシェアお願いします。

こんにちは。

とある(@toaru_10R)です。

2016/2/22にスペイン、バルセロナで開催されていたMobile World Congress 2016でSonyの新スマートフォンが発表されました。

その名も『Xperia X』!

以前にもXperia Xと言うスマートフォンがあったみたいですがそれとは全く別らしく、日本で人気のあるZシリーズより下のミッドレンジモデルだそうです。

また、日本で発売されるのは『Xperia X Performance』のみと言うことなので、今回は『Xperia X Performance』について発表された事をまとめておきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Xperia X Performanceの基本性能

ミッドレンジモデルと言う事で、Z5とどの程度性能差があるのかを比べてみようかと思います。なお、独断と偏見で比較対象は『Xperia Z5 Premium』『Xperia Z5 Compact』の2機種です。(欲しいと思った2機種)

機種名Xperia X PerformanceXperia Z5 PremiumXperia Z5 Compact
SoC(CPU)Snapdragon 820(4core)Snapdragon 810(8core)Snapdragon 810(8core)
ディスプレイ5型 FullHD5.5型 4K4.7型 HD
メモリ3GB3GB2GB
バッテリー2,700mAh3,430mAh2,700mAh
メインカメラ2,300万画素2,300万画素2,300万画素
インカメラ1,300万画素500万画素500万画素
厚さ約8.7mm約7.8mm約8.9mm
重さ約165g約180g約138g

防水も指紋認証もついています。

ハイレゾ対応かは調べてもわからなかったので、情報がわかり次第更新していきます。

Snapdragon 820がついに搭載

Xperia Z4 の時に爆熱問題に悩まされ、後継機のXperia Z5では熱対策にヒートシンクパイプを1本追加し熱対策をしたSnapdragon810。

その次世代モデルのSnapdragon820が初搭載されました。性能も省電力機能もSnapdragon810の2倍になったとの事なので、爆熱問題ともおさらばできそうです。

カメラ性能が大幅アップ!

xperiax-performance-camera

Xperia Z5と比較すると、メインカメラこそ差はありませんが、インカメラの性能が大幅にアップしています。

また、オートフォーカス機能もZ5の時点で世界最速を謳っていましたが、X Performanceでは被写体の動きを予測し、その地点に事前にフォーカスを合わせる『New Predictive Hybrid Autofocus』と言う新技術により、Z5よりも高速化をしたそうです。

バッテリー性能が大幅アップ!?

xperiax-performance-battery

最大2日間の長時間バッテリー性能を実現したそうです。

また、バッテリー制御技術を導入し、バッテリーの状態に合わせた充電をおこなう事により、バッテリーの寿命も約2倍長持ちさせる事が出来るようになったそうです。

ここ最近のスマートフォン事情を考えると、一番重要な部分を強化してきたなぁと思います。最終的にはモバイルバッテリーが不要になると嬉しいのですね。

まとめ

ハイレゾ対応がちょっとわからないのですが、値段次第では買いの一品だと思います。特にカメラ性能に関してはZ5以上の性能になっていますし、SoCも性能アップしています。

今使用しているスマートフォンのバッテリーが持たなくなってきた!Android6.0対応しなくなった!と言う人は機種変更してみても良いかもしれません。

今夏発売との事ですが、Zシリーズの後継機と比較して、性能と金額面でどう差別化してくるのか、今後が気になるところです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

当記事が参考になったらシェアお願いします。

フォローする