iPhone6sとiPhone5sを比べてみた。

当記事が参考になったらシェアお願いします。

こんにちは!

とあるです。

iPhone の買い替えで悩んでいます。

昨日までのまとめ(葛藤)はこちらをご覧ください。

【比較まとめ】格安スマホ(MVNO)とキャリアの違い。通信速度や音声品質は大丈夫?
キャリアから格安スマホに移行するユーザが増えてきました。格安スマホは料金が安いというメリットが大きく目立っていますが、それ以外にもたくさんの違いがあります。本記事ではキャリアと格安スマホの違いを確認し、どんな人なら不便・不満なく格安スマホを使えるか考察していきます。
検討中のMVNOを比較して見えてきた、おすすめのMVNOランキング
こんにちは。とある(@toaru_10R)です。 使っている携帯の更新タイミングを迎えるため、キャリアのスマートフォンからMVNOのスマートフォン(俗に言う格安ケータイ)にMNPしようとしています。MVNOの事をちゃんと知らないまま使い始めて後悔したくない!と言うことで、以前にMVNOとは何か?についてまとめました。 ...
購入予定のスマートフォン端末を検討してみた。
こんにちは! とあるです。 さて、MVNO をまとめたので続いて端末です。 現在 iPhone5s を使用していますが、検討中の端末は以下の simフリーか白ロムを考えています。 Nexus6P Xperia Z5 compact Xperia Z3 compact iPhone5s iPhone6 iPhone6s ...

昨日までは Androidも悪くないんだよなぁと思っていましたが、MVNOに MNPするというのが前提で、あわよくばテザリングとかもしたいと思っているので、この時点で候補から Xperiaは外れることになります。

ここで Nexusと iPhoneの一騎打ちなわけですが、それなら使い慣れた iPhoneでいいかな?と言うのが正直なところです。Macbookも使ってますし。

ここで、1つ悩みが!

値段を抑えて iPhone5sを買うか?最新の iPhone6sを買うかです。

iOSのサポートが切れるか、ハードかソフト面でとても便利な機能が搭載されるまで、今後買い換えるつもりはありません。

その場合は間違いなくiPhone5sは不利になります。

また、iPhone6sは A9プロセッサーの件もあります。

2~3%は誤差と言う結論に至ってはいますが、消費者の気持ちとしては同じ値段ならよりよいものを使いたいと言う心理が働くと思います。

ただ、iPhone6sと iPhone5sを比較した際に性能が上がっていれば、買い物的には問題ないのではないか?と思いはじめました。

そこで今回は iPhone5sと iPhone6sを比較してみようと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

iPhone6s と iPhone5s の基本性能を比較してみる

まずは基本性能を比較してみます。

iPhone6s

サイズ138.3x67.1x7.1mm
重量143g
ディスプレイ4.7インチ

3D Touch

1,334x750ピクセル、326ppi

1,400:1コントラスト比

チップA9
外部カメラ12メガピクセル

4K撮影(3,840x2,160)

1080p(30fpsまたは60fps)

720p(30fps)

内部カメラ5メガピクセル
バッテリー連続通話 3Gで最大 14時間

インターネット利用 3Gで最大 10時間

4Gで最大 10時間

Wi-Fiで最大 11時間

HDビデオ再生 最大 11時間

オーディオ再生 最大 50時間

連続待受時間 最大 10日間

Wi-Fi802.11a/b/g/n/ac
Blootooth4.2

iPhone5s

サイズ123.8x58.6x7.6mm
重量112g
ディスプレイ4インチ

1,336x640ピクセル、326ppi

800:1コントラスト比

チップA7、M7
外部カメラ8メガピクセル

1080p(30fps)

内部カメラ1.2メガピクセル
バッテリー連続通話 3Gで最大 10時間

インターネット利用 3Gで最大 8時間

4Gで最大 10時間

Wi-Fiで最大 10時間

HDビデオ再生 最大 10時間

オーディオ再生 最大 40時間

連続待受時間 最大 10日間

Wi-Fi802.11a/b/g/n
Blootooth4.0

価格差は大体 3万円くらいです。

差分の考察

片手で使う分には軽いほうが良いと思うので、サイズ感はやはり iPhone5sに軍配が上がると思います。

カメラについては外部、内部ともに iPhone6sの性能が大幅upという印象です。

本格的にカメラを使うなら素直にカメラを買ったほうが良いと思いますが、スマホにそこまでの性能を求めていないので十分な性能だと思います。

4Kも撮影できるようになりますね。撮るかはわかりませんが。

Wi-FiとBluetoothに関しても強化されているので、より高速に繋がりやすくなっていると思います。

そして、問題のバッテリーはなんだかんだで iPhone6sの方がよいです。

まぁ、なんとなくそう思ってましたが・・・

通話時間が 4時間の増加。インターネット接続に関しては4Gでは変化がないものの、3Gでは2時間、Wi-Fiでは1時間増加しており、ビデオ再生は 1時間、オーディオ再生は 10時間の増加です。

というか、バッテリーに関しては少し思うことがあります。

バッテリー切れに備えてモバイルバッテリーや充電ケーブルを持ち運びお店のコンセントで充電できます。

そう考えると、チップの違い程度は全く問題にはならないのではないかと言うことです。

これらの事を考慮するとこれは間違いなく iPhone6sしかないと思います。

MNPした場合の料金比較

そういえば、一番重要な docomoに MNPした場合と MVNOに MNPした場合の、2年間の金額をまとめていませんでした。

現在の使い方をした場合を前提条件として、通話は月に10分程度(しない場合の方が多い)、データ通信は 2.5~3GBとしています。

docomoに MNPにした場合

iPhone6s12,528円
カケホーダイライト1,700円
データMプラン5,000円
SPモード300円
ユニバーサル料2円
docomoにチェンジ割-1,350円
2年間合計164,376円

消費税がかかったりかかっていなかったりしていますし、プラン内容(特に割引)が複雑で自信がありませんがたぶんこんな感じです。(間違ってたらすみません)

端末代は月々サポートやのりかえボーナスなどを受けてこの値段のようです。

2年目からは docomoにチェンジ割がなくなります。

データMプランが 5GBでデータSプランは 2GBになりますので、3GBの使用だとデータMプランになります。

データMプランなら通話時間が短いのでカケホーダイライトへ。

という設定方法になっています。

MVNOに MNPにした場合

iPhone6s106,704円
通話料(10円/30秒)200円
3GBプラン1,600円
ユニバーサル料2円
2年間合計149,952円

うん、高いですね。

MVNOは契約内容がシンプルなので計算が楽でした。

差額は、14,424円 MVNOの方が安くなります。

キャリアのサポートを考えると、この際 docomoでもいいような気がしてきますね。(汗)

完全に MNPの割り引きありきの値段ですが、思ったより差額は少ない結果となりました。

ちなみに、機種変更した場合は docomoも SoftBankも2年間で20万位になりました。

さて、この状況。貴方ならどうしますか??

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

当記事が参考になったらシェアお願いします。

フォローする