茨城県土浦市で毎年開催されている土浦全国花火競技大会へ行ってきた!

当記事が参考になったらシェアお願いします。

こんにちは。とある(@toaru_10R)です。

土曜日に茨城県土浦市で毎年開催されている、土浦全国花火競技大会に行ってきました。

毎年10月の第1土曜日に開催されていて、全国的にも有名な花火大会です。

8月1日(毎年8月の第1土曜日)に開催された足利花火大会に行く予定でしたが、仕事の都合で残念ながら行けなくなってしまったため、代わりと言ってはなんですが土浦花火大会に初めて行く事になりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

駐車場探し!

公式ホームページにも案内が出ていますが、土浦駅まで電車で行って徒歩orシャトルバスで打ち上げ会場に向かうか、車で近くの駐車場に停めて徒歩(駅周辺に停めた場合はシャトルバス)で会場まで行くかの二択です。

今回は車移動を選択しました。

理由としては、

  • 帰りの土浦駅では入場規制がおこなわれるため、いつ帰れるか予想が出来ないこと。
  • 入場規制がおこなわれる駅構内で何時間も待ちたくなかったこと。
  • 車の運転が嫌いではないこと。
  • 夜放送するラグビーの試合が見たかったこと。

入場規制を意識したことは結果的に正解でした。花火大会終了後、twitterで情報収集していましたが将棋倒しやら怒号やら喧嘩やらが凄かったようです。

その間私たちは車内でのんびり談笑していました。

車の運転が嫌いでないことは以前の記事にも書いてある通り、ほとんどの旅行に車で行ってます。

電車を使ったのは鎌倉くらいですかね?

一番気になっていたのがラグビーです!

南アフリカに勝ってからというもの最近はラグビーが楽しみでしょうがないです!アメリカ戦も楽しみで、買っても負けてもとても楽しく観戦しています。

選手の皆さんアメリカ戦もがんばってください!応援してます!!

と、こんな理由で車移動を選択しましたが、問題なのが駐車場です。

公式ホームページにも駐車場案内がありますが、最初は土浦駅東口の駐車場に停める予定でした。しかし到着した時間(14時ころ)には既に満車の表示が!

その後は次に考えていた土浦駅西口の駐車場に向かい無事に停めることができました。

調べたら 1,500円となっていましたが、花火大会当日は 1,000円にしているとのことでちょっと得した気分も味わえました。

ちなみに、結構空きはあったので遅めに着いても停められると思います。ただ、前の道が混んでいるため出庫するのに凄い時間がかかります無料駐車場もあるようですがとても競争率が高いです。

今回私たちが停めた市営駐車場は値段的にも施設的にも無難なラインなのかな?と思います。一般の方たちが臨時駐車場などを開いていますがそこはとても高いです。

市内をちょっと回った感じだと、1番コスパが良いのはTimesだと思います。無料駐車場ほど埋まるのが早くなく、市営駐車場ほど値段が高くないです。

なので、来年は市内土浦駅寄りの Times に停めて市内観光しつつ花火を見に行こうかと思います。

出店まわり、そして打ち上げ開始

打ち上げ開始は18時からです。

それまで3時間近くあったためとりあえず出店を回っていました。出店は桜川という川沿いにかなり広い範囲でありました。

ただ、人が溢れ返っているため移動がとても大変です。距離はたいしたことないですが相当時間がかかるので注意が必要です。

そんなこんなで桜川沿いを往復し、出店でやきそば、お好み焼き、チョコバナナ、じゃがバター、を買い適当に離れた場所(土手)に腰を落ち着け花火を見てました。

2015-10-032019.11.32-thumbnail2

2015-10-032019.13.52-thumbnail2

写真だとこんな感じに見えます。

iPhoneで撮る時は写真ではなく、ムービーの方が綺麗に撮れましたよ。

まとめ

大迫力の花火を見たい人は、升席を購入したほうが良いと思います。

最初に飲食物をまとめ買いして、ゆっくり升席で飲んだくれつつ大迫力の花火鑑賞。ただ、近くを通ったときに音というか振動がとても凄かったです。程よい距離感で見たい人は升席ではなく、会場マップにあるオススメの観覧場所のどこかから見る事になるかと思います。

オススメの観覧場所は基本土手で、地面は土なのでレジャーシートイスが欲しいところです。

どの手段で行くか、どこで観覧するか。

いずれにせよ、服装だけは気をつけてください。開催時期が 10月なので、昼は暖かく夜は寒いです。

今回もまさにこのパターンでした。

移動している間は人も多いですし、動いているのであまり寒さは感じませんでした。しかし、落ち着いて見始めると川沿いということもあり、かなり寒さを感じました。

来年以降行ってみようと考えている方、天気予報を確認して服装に気をつけて向かってください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

当記事が参考になったらシェアお願いします。

フォローする